知っておきたい引き戸のメリット・デメリット

暮らしの身近にある扉。種類は様々ですが身近な扉である引き戸のメリット・デメリットを知っておくことで今後の生活に役立つ情報の1つになるかもしれません。引き戸は扉の開閉時に可動スペースが少ないのでその分場所をとりません。なので物に引っかかったりすることも少なくなります。更に開き戸に比べて身体の動きが少なく扉を開閉できるので身体の不自由な方や高齢者の方も簡単に開け閉めすることができます。ただ気密性が低いので隙間風などが入り易く、音も漏れやすくなっています。また、レール部分にはほこり等のゴミが溜まり易いのでこまめに掃除をする手間もかかります。気密性や掃除のし易さを考えるのであれば開き戸がお勧めです。どんな扉も一長一短です。家族の年齢やライフスタイルに合わせて扉を選び、住空間をより住みやすいものにしましょう。

引き戸は部屋を有効利用できます

引き戸は、部屋を有効に利用することが出来ます。押したり引いたりする戸であれば、その戸の前に物を置いておくということはできないです。物があると、中に入ることができなくなります。でも、引くタイプのものは、戸の部分を多めにとる必要はあるのですが、その前に充分なスペースがなくても大丈夫です。なので部屋を有効に利用する事が出来ます。今の家の作りからいって、あまり多くのこのタイプの戸を作ることは難しいですが、それでも一つはあると便利です。建売やマンションではこのタイプの戸を入れているところはかなり珍しいです。注文や、希望をしない限りこの戸はないです。でもあると重宝するので、もし家を建てるというときには、作っておくと便利です。部屋を大きく見せることができます。そうすると、空間も大きく使う事が出来て、有意義に過ごせます。

防音効果がある引き戸

防音効果がある引き戸を利用することで、プライバシーを守ることができるようになります。そして隣人に迷惑をかけなくなりますから、トラブルの回避にも貢献するのではないでしょうか。防音効果がある商品でもいろいろなバリエーションがありますから、物件の雰囲気に合わせて選ぶことができますし、インテリアとして大活躍します。そのためにも防音効果がある引き戸のいろいろなデザインをインターネットでチェックする必要があります。インターネットの大手の通販サイトでは、いろいろな種類を扱っていますし、リフォームを行ってくれる業者の情報も掲載しています。見積もりも簡単に出すことができますから、場合によってはすぐに工事に取り掛かることも可能です。自分で工事を行う場合は、しっかりと工事の過程を把握しておく必要がありますから、情報収集に抜け目がないようにしましょう。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑