引き戸の種類は豊富です

引き戸の種類は豊富にありますから、自分の生活スタイルや同居人のことを考えて、最適なものを選ぶことができます。そのためにもインテリアの商品を多く扱っている業者のホームページを確認するようにしましょう。そうすればいろいろなラインアップをチェックすることができますし、使用用途に合ったものを選択することもできます。そして工事にかかる費用や日数も簡単に把握することもできますから、しっかりと計画を立てて工事を進めることができるというメリットもあります。また生活スタイルに合わせて選ぶことができるだけでなく、インテリアデザインとして大活躍するものもありますから、情報収集する価値は十分にあると考えられます。引き戸でもたくさんの種類がありますから、購入を検討している方は性質や機能性をしっかりと把握しておきましょう。

日本の家にはやっぱり引き戸

日本に昔からある住宅では、引き戸というタイプのドアが一般的です。これは、ドアを横にスライドさせて開け閉めするタイプの扉の事です。一方、最近の住宅に多いのが、開き戸というタイプのドアです。開き戸は、前後に弧を描くように開け閉めをするタイプのドアです。引き戸は、開き戸と比較して、いいことが沢山あります。まず、お年寄りがいらっしゃる家庭の場合は、日本で昔から多いタイプのドアなので、お年寄りにも開け閉めがしやすく、余り力も必要ありません。また、大きな荷物を抱えて出掛けたり、帰宅したりする場合に、開けたままにできるので楽です。ドアの幅が広い場合は荷物が大きくても通りやすいです。しかし、左右に開け閉めをする為、横幅を必然的に多くとってしまいがちです。でも、高齢化の進行した現代において、引き戸はもはや家の必需品です。

洋風の引き戸が増えてきた

現代の住まいの室内ドアは、開き戸が主流になりました。住まいが洋風化したことが理由の一つとして上げられます。しかし、引き戸がなくなったわけでもないですし、古いと受け取られているわけではありません。場所によって使い分けることが普通です。たとえば、リビングには開き戸を採用することが少なくありません。そして、それぞれの個室は引き戸が一般的になっています。しかし、最近はリビングに半透明の引き戸を採用する家庭が増えてきました。開き戸のように開閉スペースがいらないと言うところが好まれています。また、昔は和室の戸と言うイメージが強かったです。ですが、最近は洋風タイプもかなり増えました。なので、現代の洋風の住まいにも違和感なく取り入れることができます。今後は、開き戸を採用することが少なくなっていくかもしれません。

NEW エントリー

記事はありませんでした

PAGE TOP ↑